VOLVO V90
39/68

アクティブボンネット (歩行者保護機能)車速25km/hから50km/hで走行中に、フロントバンパーに取り付けられた5つの加速度センサーが歩行者との衝突を検知すると作動します。エンジンルーム後部に装着されたパイロテクニックピストンがボンネットの後ろ側を持ち上げ、ボンネットとエンジンの間に空間を作ります。この空間がボンネットに加わった衝撃を吸収する役割を果たし、歩行者の頭部への衝撃を低減することで負傷の程度を緩和します。WHIPS™(後部衝撃吸収リクライニング機構付フロントシート)後方から追突された際、その衝撃によって長期の治療が必要となる「むち打ち症」を負うことがあります。フロントシートに組み込まれたWHIPS™は、そうしたリスクを軽減させるための装備です。追突時の乗員の身体の動きに合わせてフロントシートを、ボールをキャッチする手の動きのようにリクライニングさせ、衝撃を吸収することで、むち打ち症を負うリスクを軽減させます。安全性はボルボの代名詞です。防護ケージとして機能するボディ構造をボルボが初めて市販車に取り入れたのは、1944年のことでした。3点式シートベルトは1959年にボルボが開発し、その特許を世界に無償公開しました。それは、技術が大きく進歩した今日においても、もっとも重要な命を守る装置です。たとえば衝突に備えて自動的に巻き取られる電動プリクラッシュ・テンショナー付フロントシートベルトは、最大限に安全な着座姿勢を確保するために重要な役割を果たします。インテグレーテッド・チャイルド・クッション (2段階調整式)※インテグレーテッド・チャイルド・クッションは左右リアシートの座面を上昇させることにより、お子様が正しい位置にシートベルトを着用できるように調整できます。さらに、前方へのスライド機構も搭載。フロントシートに近づけることができるのでお子様に目が届きやすくなり、安心してドライブしていただけます。※全モデルにオプション設定●写真、イラストはイメージです。 | 37 | 37

元のページ  ../index.html#39

このブックを見る