VOLVO V60 CROSS COUNTRY
34/68

歩行者・サイクリスト・大型動物検知機能(夜間含む)昼間だけでなく薄暗い環境下でも自車前方の歩行者やサイクリストを識別し、衝突の危険が生じた際にはドライバーへ警告。適切な回避操作が行われなければ被害軽減ブレーキを作動させます。大型動物検知機能は、前方のヘラジカやトナカイ、馬などの大型動物を検知し、衝突の危険を察知した際にはドライバーへ警告を行い、必要に応じ被害軽減ブレーキを作動させます。CITY SAFETYさらなる進化を遂げたボルボの先進安全・運転支援機能。ドライバーの状況判断能力を大きく拡張する先進の安全・運転支援機能があれば、ドライビングに対する自信はさらに深められるに違いありません。その中心的役割を果たしているのが、City Safety(衝突回避・被害軽減ブレーキシステム)です。周囲の状況判断をサポートするとともに、必要に応じてブレーキやステアリング操作をアシスト。危険回避能力を高めることで、ドライビングそのものを楽しめる運転環境を作り出します。City Safetyは、前方に現れた他車、歩行者、サイクリスト、大型動物を昼夜を問わず識別し、必要に応じてドライバーに警告。衝突の危険があると判断された場合は被害軽減ブレーキを作動させ、衝突の回避または衝突被害の軽減をサポートします。新たに追加された対向車対応機能は、自車線に進入して接近する対向車を検知し、衝突を回避できないと判断される場合に、被害軽減ブレーキを作動させて衝突時の衝撃緩和を支援する、最新の安全機能です。City Safetyは、車速50km/hから100km/hまでの範囲で走行中に急な回避動作を強いられた際にも、ドライバーの運転操作をサポートします。ドライバーが障害物を回避するために急なステアリング操作を開始すると、イン側のホイールだけにブレーキを作動させてステアリング操作を補助。可能な限り効率的かつ安全に回避操作を行えるように支援します。City Safetyは、常にあなたのそばで冷静に控え、素早く的確な状況判断で運転操作をサポートします。最上の安全性をお届けするためにボルボの先進安全・運転支援機能は、ドライバー自身による安全運転を前提としたシステムです。事故の回避や衝突被害の軽減および運転負荷の軽減を目的としたシステムであり、自動運転ではありません。安全運転の責任は常にドライバーにあります。交通・天候および路面状況によりシステムが作動しない、または所定の性能を発揮しない場合があります。いかなる時もシステムに頼った運転は避け、ドライバー自身により必要に応じたステアリング、ブレーキ等の操作を行ってください。これらのシステムをご使用の際には必ずオーナーズマニュアルをお読みください。VOLVO V60 CROSS COUNTRY

元のページ  ../index.html#34

このブックを見る